台北色々 おやつ

「台湾はおやつを食べに行くところ」何かで読んだ旅行者の言葉です。
確かに言い当ているとも思います。毎回まだ訪れていないお店でデザートを食べたいなとも思うし、またあそこで食べたいなとも思い、選択に困ります。なるべく量は控えてあちこちに食べ歩く、そんな目的旅行も有りなのが台湾なのかもしれません。

冰讃がオープン初日で長蛇の列、すぐにあきらめ名前を知っていた「雙連圓仔湯」に行きました。看板メニューは「焼油糬」台湾人大好きなピーナッツ粉と黒ごまでまぶしてあります。
家人は紅豆(あずき)ベースのもの、私は緑豆ベースの冰湯をいただきました。

a0333534_08133660.jpeg

再訪したのはこちらの「緑豆蒜啥咪」帰国してからこの1週間後から愛文マンゴーのかき氷が始まったようです。温かい緑豆と冷たい緑豆にそれぞれトッピング2種を選んで、いただきました。

a0333534_08240305.jpeg

今回絶対に食べようと決めていたのが仙草ゼリー。地下鉄駅から台北市庁舎へ向かう地下道の中の新しいフードコートで食べました。「小南門」というお店です。苦いのかと思っていたら全くで、つるっと食感も良く黒糖味のシロップがまた美味しくてまた食べたいものの1つとなりました。もう1つは定番のピーナッツ(花生)が入った豆花。これは豆腐そのものの感じでもっと柔らかくつるっしたほうが好みです。

a0333534_08323032.jpeg

a0333534_08325709.jpeg

どのお店も写真いり日本語メニューありです。

台湾人が大好きなもので胡椒餅がありますね。
台北站近くの「福州世祖胡椒餅」は2年前、初めて食べた台湾の味で胡椒が効きすぎていて辛いし熱いし皮は硬いしという記憶があります。有名な夜市ですごい行列の胡椒餅屋さんは並ぶ気がおきず、で今回はこちらも有名な龍山寺近くの「福州元祖胡椒餅」さんに行ってみました。

a0333534_08454973.jpeg

こちらの胡椒餅、肉汁が飛び出るくらいジューシーで皮も硬くなく辛すぎず、とても美味しかったです。胡椒餅見直しました。

a0333534_08481392.jpeg



[PR]
by pichan_k | 2018-05-31 07:49 | 2018/4 台北