読書

東京では雪で大騒ぎのようでしたが、
長野県内でも雪が少ない我が街は
東京で雪が降るとき大雪になることがあります。
今朝の積雪20センチ。
一冬に一回はこのくらい降りますね。

さて、息子が仕事の研修で1週間京都に行っていました。
そのお土産がこまごまと送られてきて
お茶、番茶で有名な一保堂さんの包み紙が
素敵だったのでブックカバーにしました。
折っただけですが。


a0333534_14481901.jpeg



本は数冊を並行して乱読することが多いです。
以前に比べて読書量はかなり減りましたが。


もう、かなり前に読んだ北村薫さんの「円紫さんと私シリーズ」
シリーズ最後と思われた朝霧から10年以上経て
昨年新刊が発売されました。
発売されたことで1つ前の朝霧も読んでいないことがわかり
2冊購入しました。


a0333534_14530499.jpeg


文学少女の私が、落語家円紫さんと知り合い
日常のちょっとした不思議を解決していく話。
こういう殺人事件でないミステリー物、
気楽に楽しめて良い、です。
中には文学作品の著名人の一文が広い範囲から登場して
知らない作家も文章もたくさんありましたし
芥川龍之介をかなり深く書かれた版は
ほとんどがチンプンカンプンでしたが(恥!)
新しい知識として興味深く読んだ記憶があります。

さて「私」の成長とともにまた円紫さんに会えるのが楽しみです。





by pichan_k | 2018-01-23 14:44 | 読書