人気ブログランキング |

洪記豆漿大王

ホテルを決めてからGoogleマップなどで朝食屋さんを探していました。
豆乳を使った朝食屋さんは少し離れた場所しか見つけられず
それだけが不満だったのですが、ホテルの部屋に
周辺の地元スーパーや朝食屋さんを示す地図がありました。
フレンチトーストのMr.Lin'sさんの通りを少し先に行くと
24時間営業の豆漿屋さんがありました。
それがこの洪記豆漿大王さんです。


a0333534_20423444.jpeg


この上下の写真は2回目最終日の朝の様子です。
この日は火曜日7時くらいだったでしょうか。
前日の月曜日は8時くらいだったか、
入り口付近まで行列が続いて混んでいました。


a0333534_20432166.jpeg


その月曜日、
メニューが分からないままこれまでのようになんとかなるだろう、と
行列に並んでいましたがどうも指差しメニューは無さそうなので
思い切って言ってみることにしました。
「シェンドウジャン」「ティエンドウジャン」「タンピン」
レジのおばさん? そして
「しょっぱいの?あまいの?」と日本語で返ってきました(笑)
「はい、しょっぱいの1つあまいの1つ」
そしておばさんの頭の上のメニューを指差してお願いしました。
しょっぱい鹹豆漿


a0333534_20591053.jpeg


あまい甜豆漿
これは冷たい物もあるのですが
私は温かい熱豆漿が大好きなのです。
やっとこれをいただいても汗をかかない気温になり、嬉しい~
そしてビニール袋に入っているのが指差しでお願いした焼餅加葱蛋。
サクサクのパイ生地の中に厚めの卵焼きが挟んであります。
これがとっても美味しかったんですよー
合計のお値段、81元(約300円)


a0333534_20581980.jpeg


次の日の朝は


a0333534_21160186.jpeg



2人で熱豆漿と薄い卵焼きをクレープ生地でまいた蛋餅
ビニール袋の中は揚げたてのパン、油條。
これがサクサクで本当に美味しく、
これを豆漿に浸して食べるのがまたすごく美味しいのです。
この日はしめて85元(約315円)
まだまだ食べたい台湾の朝ごはん。


by pichan_k | 2017-11-22 20:30 | 2017/10月台北