2度目の台北

ホテルに荷物を置いて雙連の街を歩いた時
当たり前のように普段の気持ちで歩いている自分にちょっと驚きました。
帰国して次の日の夕方、車を運転して家に戻る時
あの雑踏の中でご飯を食べたいな、と自然に思ってそれもびっくりしました。
台湾の何がいいの?と聞かれても何、と答えられません。
ゴチャゴチャしている町を歩いているだけでいいのです。

台北書院でこんな素敵な品を小袋付きでいただきました。
いつか茶器を揃える日がくるかな?
陶器で有名な町の一つに新北市の鶯歌(インガー)という名前の老街があります。
名前だけでも素敵。
いつか行きたい場所ですが、まだまだ私たちは台北が飽きません。

a0333534_08111939.jpg


さて、最近の私たちは毎週のように山の方へ出かけています。
家人が蝶の写真を撮ることが楽しみになって
高原に来る珍しい蝶を追っています。
美ヶ原高原や、湯の丸高原、先週は好きな池の平をぐるっと歩き
次はもう少し山を登ろうよ、と言う言葉どおり
昨日は標高2066mの烏帽子岳(えぼしだけ)に登ってきました。
小学五年生以来、です。
運動はそこそこしているものの、体力には自信がない私。
それに登る前からすでに筋肉痛があってすごく不安だったのですが
半分くらいは歩きやすい道なのでここまで来たら、登るしかない、
そんな気持ちにさせられ登ってしまいましたよ。
この山程度が私の限界かな。

肝心の蝶々は色々会うことはできましたがなかなかうまく止まってくれず
いい写真はほとんど撮ることはできませんでした。
野鳥はビンズイが枯れた木の真上で鳴いていて観察することができました。

庭はこのところの雨でジャングル一歩手前。
今日は朝から暑くて庭に出る気がいたしません。
だんだん余裕がなくなってくる庭仕事。
今のうちにこざっぱりさせたいものです。


by pichan_k | 2017-07-09 07:50 | 2017台北