人気ブログランキング |

猫空

山一帯に木柵鉄観音茶の茶畑が広がり茶藝館もたくさんある猫空。
どうしても行ってみたい場所でした。
ロープウェイで簡単に行かれることから週末は現地の方たちも多い、とのこと
また月曜日はそのロープウェイがお休みでお茶屋さんもお休み多い。
日程的に混む日曜日に行くしかない、ということで
ロープウェイが動く8時30分までにはMRT文湖線、動物園駅に着くよう
出掛けることにしました。
もし、強風でロープウェイが動かない場合は
バスで向かう、ことまで想定しておきました。
ネットでお茶屋さんを数件ピックアップ、
そこまでどう行ったらいいのか検討を重ね出掛けたわけなのですが
実際には着いて、さてどうしよう、と困ることに。


a0333534_19132193.jpg


ロープウェイから、また猫空から台北が一望できるんです。

まず1番に向かう予定にしていたお茶屋さんは
日本語が通じる、とても親切、24時間営業
(そうでないと朝Ⅰで行ってもやっているお店が少ない)
といった条件で「邀月茶坊」さんへ向かうことにしていたのですが
あるはずの巡回バスが反対の右まわりばかりがいつも2台で止まっていて
左まわりが見当たらない。
ついには右まわりのバスの女性の運転手さんに
行きたい茶藝館の名前を書いたメモを見せて聞くことに。
すると指をさしてあそこで待ってて、
でもそっちは20分しないとこないよ(たぶん)
英語も混ざって教えてくれました。
すると正面の道の角のバス停に巡回バスではなく、山を降りるバスが止まりました。
またまた運転手のおじさんにメモを見せると
乗りな、とのジェスチャー。
やったーと乗ったはいいけど、おじさん近いバス停教えとくれるよね?
クネクネとカーブが多い山道をスピードを出して飛ばしていくバス。
結構遠いよー
やっと目の前にネットで何度も見た看板が現れた時には
バスはバス停を無視して看板の真ん前に停車し
おじさんは私たちに合図してくれたのでした。

バスを降りてしばらく坂を降りると
なんと1番に歓迎してくれたのがリスでした!
入り口の木の下に置かれた餌を木から降りてきては食べている様子。
嬉しい〜
気分を良くして入り口の受付で日本語が話せるお兄さんにお茶の注文を。
猫空に行ったらそこにしかない茶葉を凍らせてある「冷凍茶」を飲むつもりでした。
メニューを見たら1番お安いお茶でしたよ。
すぐにお茶とお湯の料金をお支払いするとお茶セットを渡され
好きな場所で飲んで、と言うので初めてなのでお茶をいれてくれませんか?と
お願いしたらお兄さんは日本語で書かれたお茶の入れ方の紙を渡すではないですか。
えー一煎目は入れてくれるってどこにでも書いてあったけど…涙
お客は私達だけなのに!



a0333534_20434859.jpg

このお茶、残った茶葉は持ち帰ることができるのですが
家に戻り飲むうちに風味がそこなわれ美味しくない烏龍茶のようなもの、
になっていきました。
すぐ飲んでこその美味しさのようです。

違う茶藝館ですが、邀月さんもこんな山の中でした。




a0333534_20490521.jpg


さて、帰りのバスの時間をまたあのお兄さんに聞くとスマホで調べてくれましたが
あと40分だったか待たないとこない、歩いた方が早いよ、と言いました。
お茶を飲む前に聞いておくべきでした。
来たバスの行程を思うととても歩く気が起きませんでしたが
ここで時間をつぶすこともないので歩くことに。
家人が帽子を忘れて戻ろうとしたらバイクで届けてくれました。
ちょっと心が晴れたかな〜笑

ロープウェイの駅まで歩くこと20分くらい?
途中お茶のアイスクリームを食べたり、
また朝とは変わって、自家用車の路駐がすごくなり
どうやら猫空は日曜日、家族で茶藝館にランチをしにくる場所、のようです。
どこの茶藝館でもお茶の葉を使ったお料理を食べることができるのです。

次の茶藝館も決めていたのですがもう巡回バスに乗るのも面倒になって
ロープウェイ駅に近いお茶屋さんに入ってみることに。

「上昜茶荘」さんは台北市内が一望できる良いロケーションでした。
ここでそろそろ時間はお昼。
色々食べてみたいけれどなにしろ量が多い。
茶葉が入った炒飯と切り干し大根が入った卵焼きを頼んでみました。

a0333534_21124648.jpg


お茶は地元のお茶、木柵鉄観音茶を。

a0333534_21140651.jpg

こちらのお兄さんは一煎目、いれてくださいました。
もう拍手をしたいくらいの嬉しさでしたよ。

ここでやっと気持ちが晴れてのんびりとお茶の美味しさを感じることができました。




by pichan_k | 2017-06-25 18:51 | 2017台北