お盆が過ぎると

お盆明けから確実に庭の日照時間が変わっていきます
そして西から陽がそそぐ時間が長くなっていきます
これから咲きだすシュウメイギクやバラなどは
人間が歩く方向へは顔を向けず
そっぽを向いたように咲いてくれます…
そして場所によって秋バラを望めなくなりました
なので私は夏のバラも全て咲かせています
夏の蕾を剪定してしまうとほとんどのバラが
そこから新しい蕾を立ち上げられなくなってしまったからです

先日まで手が入らない状態の庭にERのオセロが一輪、
咲いていました
その赤はそれはそれは神々しく、案外花持ちよく咲いていました
近くで愛でてあげられずに可哀そうでした
ゴメンナサイ

ホワイト・グルーテンドルストやアリスタ・ステラ・グレイなども
続いてよく咲いていますが、早くカットしてあげないと
いけませんね

夏は毎年こんな状態で、毎年反省するけれど
やっぱり暑さに勝てません…

写真はバラでなく、やっと本領発揮のグラスの1つで
カラマグロスティスの仲間と思われます
1メートルくらいの高さに育ち寒さにはとても強いです
そして穂が出てくる前の状態は高さが50センチほどなので
雨で倒れたり、折れたりしない、というのも嬉しいグラスです

a0333534_1932569.jpg


グラスに興味を持って最初に買ったものなので
もう10年近く家にいるかも、です
植えた場所で目立たなくなったのでおととし、場所を変え
去年はただ緑の葉だけで待ち、今年やっと白い穂が見られました
これが枯れて茶色になっても私は素敵、と思います
グラスは長く楽しめますね
それを草、と思わなければ(笑)
そのへんの雑草とどう違うの?と家族には言われています…

a0333534_19361278.jpg

[PR]
by pichan_k | 2015-08-16 19:45 | 植物